カルト教団対策講座へようこそ

 

Information
このホームページの趣旨
 
平成28年12月15日更新

平成25年3月29日

日本にはカルト教団と化した巨大な宗教団体があります。この団体はフランスを皮切りにベルギー、チリ、オーストリア、アメリカ合衆国の各国でカルト教団に指定されており、今後も西洋諸国で同じくカルトに指定されるものと思っています。私と家族は、この教団と思われる連中から初期段階のストーカー行為を受けることに始まり、現在では強烈な電磁波攻撃を受けるようになっております。私どもはマンションの一室に住んでいるわけですが、当初電磁波攻撃を受けるようになって、とても住めるような状態でなくなり、とりあえず木造アパートに引越し、そこで電磁波の防御の方法を発見するに至りました。防御する材料を購入しマンションに戻り、連日家族3人で3ヶ月におよぶ防御の作業を続け、ようやく、このマンションに住み続ける目処が立ちました。このホームページでは、その経過を説明しながら、同様に被害にあっている人に、勇気を与え、「言論の自由の弾圧」に立ち向かってもらいたく、HPを立ち上げた次第です。
被害にあっている方にはきっと役立つ資料となるよう、内容を公開しますので、頑張って立ち向かって頂きたいと思います。又教団のメンバーで教団を抜けたいと思っている人で、これらの集団ストーカー行為や電磁波攻撃が怖くて行動に踏み切れないという方も、このホームページの記事を読んで、勇気をもって教団離脱を図って頂きたいと思います。

被害者の多くが防御の方法を知り、声を大きくして、西洋諸国のように、日本でも電磁波攻撃の法律が整備されれば、攻撃に参加している人たちは傷害の罪で刑務所に 服役しなければならなくなるでしょう。法律が無いのならば何をやってもよいという教団のやり方は言語道断です。
本来宗教のあり方は「人間が思うことと行うことの基準はこのようにあるべきだ」ということを
教えることだったはずです。それが、いつの間にか他力本願となり、拝む対象物をつくり、人間の心の本質を忘れてしまったのが現代です。ことの善悪は自分の胸に手を当てて考えればわかるはずです。宗教団体に聞かなくても、元から人間には善悪の判断できる知性は備わっているのです。 だからこそ、あの世があるとすれば、自分が悪いことを行ったことは閻魔大王が記憶しているのではなく自分自身が 完全に記憶しているのです。あの世で、自分の心の中に存在する良心が自分の行ってきた悪いことをさいなむのです。これが、地獄と言われるものではないでしょうか。 攻撃に加わっているカルト教団の人はこのホームページの記事を読まれて、離脱して攻撃を受けても、防御をしながら、新しい人生を切り開いてもらいたいと切にお願いしたいと思います。

平成26年9月15日

平成26年1月下旬にマンションから一軒家に引っ越しました。マンションに居たころには、下階からの攻撃が段々ひどくなり、床の防御を重ねておりましたが、防御材料の床荷重が重くなりすぎて建築基準法に抵触する恐れが出てきた為、一軒家に引っ越すことを決めました。引っ越してからも四方八方から電磁波攻撃が始まりました。現在は主に南側の家屋の方角から攻撃が続いております。今度は当方の家屋は地面の上に建っておりますので、直接下からの攻撃はないですが、土間コンクリートの下に敷いてあるポリエチレンフィルムに反射させて床から電磁波が来るように攻撃側は演出しております。従って寝室やソファの床部分にはある程度の防御は必要です。一番攻撃が激しいのは南側壁(横)部分からです。現在は家屋の内部と外部に引っ越しで持ってきた防御材料を立てております。又ガラス戸部分にはプラスチックの透明の材料を立てて、暗くならないようにしております。防御の方法は基本的な考え方はマンションで行った方法を電磁波の来る方向に当てることでよいと思います。とりあえずなんとか生きております。また進展がありましたら報告したいと思います。

平成28年12月15日

この一連の犯罪に、あろう事か、警察組織が関与していることが解ってきました。水上英次氏のインターネット上の記事によれば、警察組織が秘密裏に打ち上げた人工衛星5基により、国民監視と電磁波攻撃、思考盗聴など、高度な技術を駆使して、各県警本部の中に機材を配置してターゲットとされた市民に攻撃を加えていると言うのです。人工衛星は3基がレーダー衛星、2基が光学衛星で、レーダー衛星の1基が予備とされているそうです。この情報を元に、当方でもレーダー衛星とターゲットの人間の脳波を遮断すれば、ターゲットの位置情報を攪乱出来、電磁波によるピンポイント攻撃も弱まるのではないかと思い、2階の床にアクリル板(厚さ5mm)を全面的に敷詰めて1階で暮らす方法を採用したところ、攻撃は極端に少なくなり、思考盗聴の現象も気にならなくなりました。これまでに書いた当方の記事の中で防御版について、ベニヤ板とアルミ複合板とを合わせた防御版をアクリル板(厚さ5mm)に読み替えて、防御を試みて下さい。又、最新防御方法の記事を追加しましたので、参考にしてください。